/

この記事は会員限定です

住宅用蓄電池、小型化で非常用から「普段使い」へ

[有料会員限定]

2016年から2017年にかけて、住宅用蓄電池の新製品が続々と登場している。災害時の非常用電源としてだけでなく、平常時のニーズを掘り起こす。

住宅用蓄電池の「普段使い」としては、大きく2つの用途が想定される。1つは、太陽光で発電した電力を蓄電池にためて使う「自家消費」だ。太陽光で発電した電力は、固定価格買い取り制度(FIT)によって電力会社に売れる。

FITは2009年に、まず家庭の余剰電力を対象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン