エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

住宅用蓄電池、小型化で非常用から「普段使い」へ

(1/3ページ)
2017/9/27 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 2016年から2017年にかけて、住宅用蓄電池の新製品が続々と登場している。災害時の非常用電源としてだけでなく、平常時のニーズを掘り起こす。

 住宅用蓄電池の「普段使い」としては、大きく2つの用途が想定される。1つは、太陽光で発電した電力を蓄電池にためて使う「自家消費」だ。太陽光で発電した電力は、固定価格買い取り制度(FIT)によって電力会社に売れる。

 FITは2009年に、まず家庭の余剰電力を対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「スマートホームを浸透させたい」と話す川崎・東電EP社長(左)と十時・ソニーモバイル社長

東電が脱電力を加速 「分電盤の先」狙う [有料会員限定]

 「脱電力」。東京電力が異業種と次々と手を組み、電力以外のサービス提供を加速している。2017年8月に、ガス、見守り、省エネなどのサービスを発表した。生き残りをかけたこれらの戦略が、業界再編劇の契機と…続き (10/18)

図2 ハロゲンランプからメタルハライドランプに変更後のガラス棟の内観(写真:東京国際フォーラム)

照明電力6割減、東京国際フォーラム「LED化作戦」 [有料会員限定]

 東京国際フォーラム(東京・千代田)は照明器具をLED(発光ダイオード)主体に交換し、年間4681万円相当の省エネ効果を得た。同時にガラス棟のライトアップなど、原設計者のラファエル・ヴィニオリ氏がこだ…続き (10/17)

強い日差しの中、日傘を手に街を歩く人たち

建物の光熱費削減、カギ握る「データ分析+新技術」 [有料会員限定]

光熱費の削減は、環境配慮を求める社会の要請であり、建物の維持管理コスト削減のカギだ。建物の所有者や建築実務者の関心は高い。削減の成否を分けるのは、実際の運用データの分析と最新技術の情報収集だ。…続き (10/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月20日(金)

  • ビットコインに11月再分裂の危機、前回より事態は深刻
  • 米国でAIスピーカーとHA機器の導入が急増
  • 機械学習で「雑草だけに除草剤」―米農機大手ジョンディアは、新興ロボット企業の買収で農業を進化させる

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト