2017年12月12日(火)

「低炭素五輪」実現へ、CO2削減目標を年内明示

コラム(テクノロジー)
2017/10/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2020年の東京五輪を運営する組織委員会は、2017年秋までに五輪開催で見込まれるCO2(二酸化炭素)排出量を試算する。省エネ設備や再生可能エネルギーなど追加導入を見込める施策と、削減量も示す。

 排出量と削減量の見通しを基に、さらなる技術の導入や、排出枠などを生かしたカーボンオフセット(CO2排出の相殺)を、専門家を交えて議論する。具体的な削減量を年内に明らかにするもようだ。

 組織委員会は、大会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報