/

学生が厨房に立つ学食 帝塚山学院大(キャンパス新景)

「内製化」した学生食堂があると聞き、帝塚山学院大泉ヶ丘キャンパス(堺市)を訪ねた。厨房をのぞくと、男女4人の学生がそろいの制服を着て忙しそうに動き回っていた。「日替わりはピーマンの肉詰めです」と丁寧にメニューを紹介してくれる。

管理栄養士資格を持つ教員らが献立を考案し、学生らが運営に携わる(堺市)

同大学は今年4月に学生食堂を一新した。メニューを増やしたほか、民間企業に委託していた調理やカウンター業務を全て学内の人材でまかなうように。管理栄養士資格を持つ教員らが献立を考案し、人間科学部食物栄養学科の学生らが運営に携わる。

カウンターで配膳していた4年生、奥谷梨花子さん(21)は、社員食堂などに人員を派遣する企業に内定している。「ランチタイムはお客さんに3秒で渡さないと回らない。現場の忙しさを体感できるのは有意義」と汗を拭う。

平日の午前9時から午後3時まで、約30人の学生が交代で厨房に立つ。時給1000円のアルバイト代が出るが、外注コストが減り経営状況は良好という。

同学科の田中俊治教授(69)は「今後は献立も学生に任せ、実習の一環として単位認定も考えている」。学業とバイトが一体になることで、学生の目的意識も向上しそうだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン