/

この記事は会員限定です

マクドナルドのカサノバ社長「成長局面に入ったと実感」

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングスが9日発表した2017年1~6月期の連結決算は、純利益が107億円と前年同期の68倍になった。大型バーガーの新商品「グラン」シリーズが好調で、既存店売上高は14.3%増えた。17年12月期の純利益見通しは過去最高となる200億円に上方修正した。同日記者会見したサラ・カサノバ社長は「成長局面に入ってきたと実感している」と述べた。主なやりとりは次の通り。

――1~6月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン