2019年8月23日(金)

フィギュアの世界

フォローする

引退後初のアイスショー 浅田真央さんプロデビュー

(1/2ページ)
2017/8/9 6:30
保存
共有
印刷
その他

浅田真央が7月29日、プロスケーターとしてデビューした。舞台は今年で11回目を迎えた「The Ice」。浅田をたたえる内容となった今回は、近年まれに見る素晴らしいアイスショーとなった。

現役時代の浅田はショーにたくさん出るタイプではなかった。だが唯一、毎年必ず出ていたのが、自らホステス役を務める「The Ice」。キャストも毎年、現役トップ選手が多い。今年は海外のキャストが5人(組)だけ、ほかのショーと比べてもやや地味だったが、完成度の高さは驚くほどだった。

テーマが明確、成功のポイント

アイスショーで現役引退後の初滑りを披露した浅田さん=共同

アイスショーで現役引退後の初滑りを披露した浅田さん=共同

成功のポイントはテーマが明確だったからだ。アイスショーは、国内外のトップスケーターを集め、それぞれがエキシビションナンバーを滑るものが多い。エキシビションは一つのショーのためにつくるわけではないので、ショー全体に統一感が生まれにくく、間延びして観客が飽きる時間がある。それを回避する意味もあるのか、有名歌手を招くショーもあるが、「The Ice」は毎年、「真央」を主役にしつつも、テーマを決め、衣装や舞台装置に凝ってきた。今年は引退後初のショーであり、「真央」がテーマ。スタッフから打診を受けた浅田は「昨季のプログラムである『リチュアルダンス』をやりたいとだけ言った。(現役)最後といってから、ファンの方に見てもらっていないから」。折り目を大切にし、フワフワしていながら周りに気を使う浅田らしい。

スケーター以外のアーティストをあまり招かない「The Ice」だが、今回は氷上でアクロバットを披露する黒竜江省雑技団を中国から、昨季ショートプログラム(SP)版「リチュアルダンス」の音源となったピアニスト、鈴木羊子をスペインから招いた。生演奏に合わせて、浅田がまず滑った。それぞれ出演者のソロナンバーもあったが、見どころは浅田がショーや試合で滑った曲を出演者がそれぞれ滑った場面だろう。

かつて同じ曲でプログラムを滑ったことがある人たちが登場した。織田信成が「スマイル」、宇野昌磨は昨季ショートプログラム(SP)でもある「ラベンダーの咲く庭で」、チンパン、ジャントン組(中国)は「愛の夢」。さらに小塚崇彦は「人それぞれ得意な方向の動きがあるので、他人のステップを滑るのは大変」(浅田)なのに、浅田の2010年バンクーバー五輪のフリープログラム、ラフマニノフの「鐘」のステップを浅田の振り付け通りに滑る芸当を見せた。14年世界選手権2位のケイトリン・ウィーバー、アンドリュー・ポジェ組(カナダ)は、このショーのためだけに振り付けられた「Sing Sing Sing」をアイスダンサーだからこそできる演技で盛り上げた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。