2017年11月21日(火)

「堤防決壊」の被害軽減へ 2大原因の謎に迫る

科学&新技術
(1/2ページ)
2017/9/4 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 長大な河川堤防は、土質を完全に把握できないことから形状で性能を規定している。しかし2000年代に入り、「破堤」による甚大な被害を防ぐため、堤防の“質”へも目を向けるようになった。今では浸透と越水の2大破堤メカニズムの解明が進み、被害軽減対策への適用に期待が高まる。

 堤防の天端以下の水位でも破堤の引き金になるとして、国土交通省がメカニズムの解明を急ぐのが、浸透破壊の一種である「パイピング」だ。堤体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

パイピング堤防決壊国土交通省

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報