ヤマトHD山内社長「自前主義捨て宅配維持」

2017/8/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤマトホールディングス(HD)の山内雅喜社長は日本経済新聞の取材に応じ、先端技術を活用して宅配便のサービス品質を維持する考えを示した。大口顧客との値上げ交渉は、取引停止の選択肢も含めて臨む意向を強調した。主なやり取りは以下の通り。

――宅配便の荷物の総量抑制に取り組んでいますが、事業の成長を諦めたのでしょうか。

「顧客から信頼される宅配便のインフラを維持しなければならない。日本は人口減で労働力が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]