/

この記事は会員限定です

14ファンドも乱立、予算消化が優先

[有料会員限定]

産業革新機構のような官民ファンドは一つではない。今やその数は14。2012年末の第2次安倍政権発足で、成長戦略の具体案を求められた各省庁はこぞって官民ファンドを新設した。投資領域の重複も目立つ。

「またつくるのか」

財政難を理由に予算要求を精査し、突っぱねる財務省もこのときは「設立を促した」(同省関係者)。理由は財源にある。大半のファンドは国債発行や政府保有株の配当金で賄われる財政投融資を原資にする。元財務官僚で明治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン