2019年7月24日(水)

競馬実況アナ日記

フォローする

競馬実況アナに欠かせない もう一つの「現場」

(1/2ページ)
2017/8/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

我々競馬アナウンサーの職場はメインが中央競馬の各競馬場ですが、トレーニングセンター(トレセン)でレースに向けて準備をする厩舎関係者への取材も重要です。今回はラジオNIKKEIの競馬アナウンサーが、トレセンでどのような形で取材を進めているのかをご紹介します。あくまでも私個人の進め方で、他のアナウンサーもそれぞれのやり方で取材している点を申し添えておきます。

調教は午前5時から始まる(栗東トレセン)=共同

調教は午前5時から始まる(栗東トレセン)=共同

私は関西勤務ですので、取材先は日本中央競馬会(JRA)栗東トレーニングセンター。その名の通り滋賀県栗東市にあります。甲子園球場およそ40個分(関西ですからね)もの広大な敷地の中に、6つのコースを持つトラック、坂道、競走馬のためのスイミングプールなど、様々な調教施設があります。

起床は遅くとも午前3時半

現在は午前5時(冬場は午前7時)の調教開始ですから当然前日入り。宿泊先はメディアの早朝取材に対応できるよう、JRAが運営している「愛駿寮」という施設。最寄りのバス停から寮まで歩く道すがら聞こえてくるせみ時雨、ちょっとした旅気分にさせてくれます。寮での夕食の時間から取材はスタートするのです。同じ寮に宿泊しているなじみの記者と食事をしながら、翌日の追い切り調教の予定、有力馬の出走の可否、インタビューをお願いする相手方の動向などを「それとはなし」に情報収集させていただきます。こういうときに自分の下調べの穴が見つかるので結構助かるのです。

さて取材当日。調教開始が午前5時ですから起床は遅くとも3時半となります。テレビをつければ、懐かしのディスコヒット曲やら何やらのCDの通販番組をやっている時間。懐かしの音楽に、ない後ろ髪を引かれながら(私はスキンヘッドなのです)、自転車に乗って調教スタンドに向かいます。追い切りを前にウオーミングアップする競走馬に注意しながら移動していると時折、星印と馬名の入ったゼッケンをつけた馬を見かけます。星はG1ホースを示し、星の数は勝ったG1の数。こういうときは一人の競馬ファンに戻り、思わず心の中でガッツポーズも出るのであります。

栗東トレセンの広さは甲子園球場およそ40個分に相当する

栗東トレセンの広さは甲子園球場およそ40個分に相当する

スタンドで調教を見るのですが、トラックコースの6本に加えて坂道と、正直いってあまりに範囲が広いのです。このため、よほどの馬が走らない限りは坂道に絞って調教を見ることにしています。各馬にはICタグが装着されていて、坂道を走るとポイントごとに設置されたセンサーでICタグの電波を受信、馬名とタイムがモニター画面に表示されます。そこから取材対象の馬のタイム、脚勢をメモします。トラックの場合は追い切りのやり方や脚勢を確認するだけです。ストップウオッチでの時計の計測は? 正直、難しいです。あれこそまさにプロの技。Cコース(1周1800メートルのウッドチップコース)で4~5頭まとまって走る馬のタイム、正直どう計測しているのか。ある意味、神業です。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
馬主の最大の夢とロマンは愛馬がG1競走に勝つことか(6月の宝塚記念)=共同共同

 競馬実況で馬を見分ける主な手掛かりは、騎手が着用している帽子と勝負服のデザインです。
 先日、筆者が実況を担当していた競馬場に、競馬未経験者を含む友人数名が来てくれました。彼らにとって、競馬場で聴く友 …続き (7/20)

5月18日に通算100勝を達成した難波剛健騎手

 現在、障害戦を中心に活躍中の難波剛健騎手(36)が5月18日、新潟1レースのオールマンリバーで中央競馬通算100勝を達成しました。2001年デビューの難波騎手にとっては19年目での達成です。決して早 …続き (7/6)

半世紀を超える数々のレース実況を記録した様々なメディアが収められているロッカー

 私たち日経ラジオ社(ラジオNIKKEI)は、日本短波放送(後にラジオたんぱ)時代の1956(昭和31)年10月以来、60年以上にわたって競馬中継をお届けしてきました。放送を続ける中で、ここまで残して …続き (6/22)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。