2018年9月24日(月)

改憲と解散の二律背反 衆参「3分の2」に縛られる首相
編集委員 清水真人

(1/2ページ)
2017/8/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 内閣支持率の急落で、政局に秋の大乱のカゲが忍び寄る。首相の安倍晋三の痛恨は、宿願の憲法改正と、2018年12月の任期満了が近づく衆院解散・総選挙が二律背反と化したことだ。今や改憲を急ぐより、政権維持に都合の良い選挙時期をなりふり構わず探れ、が与党議員に強まる本音。安倍が改憲を重視し、発議が可能な現有勢力を大事にするあまり、解散権を脇に置くようなら造反が起きかねない。

 ■防衛相辞任、信頼低下に拍車

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報