/

この記事は会員限定です

金正恩氏の「過信」と核実験への懸念

[有料会員限定]

北朝鮮が7月28日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる発射実験を、ふたたび強行した。最近の傾向とは異なり、深夜に想定外の場所から発射して、「任意の場所、時間に奇襲発射できる能力」(朝鮮中央通信)を誇示した。ミサイル技術の進展に自信を深めているのは確かだが、慎重に「寸止め」を繰り返す様子からは、米国に直接交渉を迫ろうとする明確な狙いがにじむ。今後、交渉カードを強めるため、日米韓や中国などの警告...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1844文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン