2019年5月23日(木)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

T―岡田、殻破れるか 選手会長就任 フル出場狙う

2017/7/29 6:30
保存
共有
印刷
その他

スーパースターへ飛躍すると期待されながら、足踏みするプロ野球選手がいる。2010年のパ・リーグ本塁打王、オリックス・T―岡田もそうだ。

T―岡田は本塁打王を獲得した10年の記録を一度も越えられていない=共同

T―岡田は本塁打王を獲得した10年の記録を一度も越えられていない=共同

10年に初タイトルを取ったのは、大阪・履正社高を出て5年目、22歳の時だった。これで以後10年はオリックスの4番に座り、球界を代表する打者になると見られた。

だがその後、この年にマークした打率2割8分4厘、33ホーマー、96打点を一度も超えていない。昨年、打率だけは自己タイを記録したが、本塁打は14年の24本が最多だった。

ケガが飛躍を阻んできた。左太もも、腰、左足アキレスけんなどを次々と痛めた。太り過ぎて下半身強化を十分にやれなかったのもケガを誘発した。

ホームラン王になった翌年の11年から、球界は"飛び過ぎるボール"を、反発力の落ちた「統一球」に変えた。それまでのように、ボールの反発力を利用せず、体をより鋭く回転する打撃本来の姿に戻ることが求められた。

T―岡田はこれに過剰に反応した。もともとノーステップ、すり足などと、打法をよく変えるタイプ。反発力の落ちたボールを飛ばそうとフォームをいじって深みにはまった。

福良淳一監督は今季、T―岡田を選手会長に推した。打順を下位に落としたが、悩み、挑戦する姿でチームを引っ張れと督励したのだ。

昨季は「キャリアハイ」に挑むと、35ホーマー、100打点を監督に約束したが、20本、76打点に終わった。今季は具体的な数字を挙げず、「まだ果たしたことがないフル出場」を狙っている。まだ29歳。"平凡なレギュラー"にとどまるか、再飛躍への足掛かりをつかむか。ここからが勝負だ。

(スポーツライター 浜田 昭八)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
西浦は守備範囲の広さと強肩がセールスポイント共同

 大学や社会人野球でもまれた精鋭が集まるプロ野球で、高卒選手がいきなり活躍するのは難しい。特に野手がレギュラーになるには時間がかかる。だが今季、オリックス・西浦颯大がその壁に挑む。高知・明徳義塾高から …続き (4/28)

メッセンジャーは6度目の開幕マウンドに立つ=共同共同

 開幕投手に選ばれるのは、投手にとってこの上ない名誉だ。今季はこの投手を中心に投手陣を回して戦うと、監督がチーム内外に示すのだ。阪神・メッセンジャー(37)は、この大役を5年連続(6度目)で担う。 …続き (3/29)

福田(手前)の主将抜てきはチーム刷新の象徴でもある=共同共同

 プロ野球の「主将」に、どのような存在意義があるのか。アマなら率先垂範、チームの結束を固める上で欠かせない。だが、プロではチーム事情によって必要とせず、空席のところもある。
 オリックスが今季、4年ぶり …続き (2/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]