/

この記事は会員限定です

日本企業のROEはなぜ1桁なのか?

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

企業がどれほど株主本位の経営をしているかを示す指標の一つに、自己資本利益率(ROE)があります。最近では経営目標の一つに挙げられることも増えました。しかし、日本経済新聞の集計では、日本の上場企業の平均ROEが年度ベースで10%を超えたことは一度もなく、10%台後半が珍しくない米国や欧州との差は開いたままです。1桁にはりついた日本企業の低ROEはもはや、グローバル資本市場の「コナンドラム」(謎)にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン