断交カタール、緊張打破のカギ握る石油メジャー 編集委員 松尾博文

(1/2ページ)
2017/7/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビアなどアラブ諸国がカタールとの国交断絶に踏み切ってまもなく2カ月。事態打開の道筋は見えず、ペルシャ湾の分断は深まるばかりだ。そんな危機のさなかに米欧メジャー(国際石油資本)のトップが相次いでカタールの首都ドーハを訪れた。その理由は何なのか。

サウジやアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンなどは6月5日に突如、カタールとの断交を発表した。カタールを結ぶ空路や陸上国境が閉鎖されるなど、混…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]