温暖化CO2主因説に異を唱えるベテラン科学者

(1/2ページ)
2017/7/31 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人為的な二酸化炭素(CO2)の排出量増加が地球温暖化の主因とする説に異を唱える「温暖化懐疑論」。科学の主流に抵抗する一部の異端者の考えのように思われているが、周辺分野まで目を広げると主張する科学者は多い。気候科学が専門ではないものの、それぞれの専門分野で実績のあるベテラン科学者がCO2偏重の脅威論を戒め、大学教育の現場でのひと味違った取り組みもある。社会科学の専門家から新たな視点の分析も登場して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]