/

この記事は会員限定です

米州Frontline 自由の警護は米国の宿命 トランプ氏に響かぬJFKの遺言

ワシントン支局長 小竹洋之

[有料会員限定]

キューバ危機を乗り切り、公民権の拡大やアポロ計画の推進に尽力したケネディ元米大統領(JFK)。その生誕100周年を祝う式典が5月29日、全米各地で開かれた。

暗殺当日に予定した「幻の演説」メモも展示

地元ボストンのJFK記念図書館を訪ねると、白、赤、青で彩った大きなバースデーケーキが飾られていた。ジャクリーン夫人との婚約時にケーキをつくった人の家族が手掛けたという。

故人をしのぶ来場者のお目当ては、5月26日に始まった特別展。100点に及...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン