オン・ザ・グリーン

フォローする

風とともに去りぬ 松山英樹のメジャー初制覇
編集委員 吉良幸雄

(1/2ページ)
2017/7/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

松山英樹(25)のメジャー初制覇の望みは23日の最終日、スタートの1番(パー4)で、ロイヤルバークデールの風とともに去っていった――。世界最古のメジャー大会である第146回全英オープンゴルフ選手権(20~23日、ロイヤルバークデールGC=パー70)。通算4アンダー、首位と7打差の5位タイから逆転優勝を目指したが、いきなりティーショットを右OB。よもやのトリプルボギーをたたき、一気に1アンダーに後退。首位ジョーダン・スピース(23)と10打差の重荷を背負ってプレーするはめになった。「ボギーかダボで抑えられたら……。トリで気持ちを切り替えられなかった」。2番以降は3バーディー、2ボギー。結局通算2アンダーの14位タイで、5度目のジ・オープンを終えた。

やや左ドッグレッグの1番はフェアウエーが狭く難しいホール。風向きは第3ラウンドとは逆で左からのアゲンスト。練習ラウンドや初日にも経験している風だったが、前日までのアイアンではなく、3番ウッドのショットは出球から右に出て、コースの外の林に消えた。全英のリンクスはどこも風が空中のハザードで大敵だが、ロイヤルバークデールは強風で名高い。第2ラウンドは平均スコア74.026と大荒れ。第3ラウンドは一変、風が収まりブランデン・グレース(南アフリカ)がメジャー史上最少スコアとなる「62」をたたきだしたが、最終日は午後になると風がぐっと強まった。

松山にしてみれば、スピースを捉えるにはスコアを伸ばすしかなかった。それなのに誰もが神経を使うスタートホールのティーショットが、最悪の結果を招いた。昨年のマスターズ・トーナメントでは最終日を首位と2打差の3位でスタート。1番をボギー発進し、6番(パー3)でティーショットを右の木に当てダブルボギーをたたくなど前半アウトで3打落とした。インに入って巻き返し7位に入ったが、今回のつまずきもそれと似ている。最終組の2組前でのスタートで、優勝を意識せずにはいられない。知らず知らず体が硬くなり、思うような体の動きができなかったか。第3ラウンドでもティーショットを何度も右に曲げており、最終日も修正が利かなかったと思われる。

リンクス攻略、もう少し慣れ必要

リンクスコースは林間コースと違って目標物を見つけにくい。松山には、苦手意識とはいかなくても、やや攻めづらい印象があるのかもしれない。プロデビュー1年目の2013年に唯一、予選落ちしたのがリンクス風コースのJFE瀬戸内海GC(岡山)が舞台のミズノオープンだった。全英では初出場の13年ミュアフィールド大会で6位と大健闘したが、14年が39位、15年が18位、昨年は予選落ちしている。今回は2週前のアイルランドオープン(14位)に谷原秀人とともに出場し、リンクスの雨風も経験したのが初日12位の好発進につながった。

ただティーショットに関していえば、リンクス攻略にはもう少し慣れが必要なのかもしれない。今大会では随所で鋭いアイアンショットを披露し、パットも安定していた。4日間のバーディー数16は、2位に敗れたマット・クーチャー(米国)の19、スピースとダスティン・ジョンソン(米国)の17に次ぐランク4位。ギャラリーからは「マツヤーマ」の声が飛び、かなり人気があった。米ツアー4勝、先月の全米オープンでは2位に入っており、認知度は高いのだろう。

グリーンを狙うショットは世界でトップクラス。攻撃力はかなり高い。ふてぶてしい野武士のような面構えで、豪胆な攻めをみせる。その一方で完璧主義者は結構繊細である。世界ランク2位で大会を迎えながら、練習ペースを乱されるのが嫌で、開幕前の公式記者会見を断り、外国メディアからは「クレージー」と不興を買った。ナーバスになりすぎては、プレッシャーのかかるメジャーの優勝争いで、勝ち抜けないのではないか。メジャー初制覇には、最終日を上位スタートしたときの心のコントロールも大切になる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

オン・ザ・グリーン 一覧

フォローする
ボギーやダブルボギーにめげない反発力、気持ちの強さが渋野の強み=共同共同

 今季の女子ゴルフツアーは最後まで大きな盛り上がりを見せた。最終戦のLPGAツアー選手権リコー杯(1日まで、宮崎)では、鈴木愛と渋野日向子、史上初めて平均ストローク60台をマークした申ジエ(韓国)の賞 …続き (12/11)

今回の優勝でタイガー・ウッズは米ツアー史上最多の通算82勝に並んだ=共同共同

 タイガー・ウッズ(米国)には、常識では計り知れない能力が宿っている。改めてそう思わせる日本での1週間だった。日米共催の形をとり、国内で初めて開催された米PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」(千 …続き (10/30)

富士通レディースで優勝し、アマチュア仲間から祝福される古江彩佳=共同共同

 20日まで行われた女子ツアー、富士通レディース(千葉県東急セブンハンドレッドC西)を史上7人目のアマチュアで制した古江彩佳。日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチームにも所属していた19歳がゴルフで …続き (10/23)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]