離島にも実動部隊 AIで変える救急医療
アクセンチュアがプロジェクト

2017/7/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンサルティング会社のアクセンチュアが人工知能(AI)を使って人の命を救い、あわせて働き方を大きく変革している。佐賀県の救急車の搬送された患者が受け入れを拒否される「たらい回し」をなくすために機械学習を使うプロジェクトを進める。もっとも、ユニークなのはプロジェクトの実動部隊が福島県の会津若松市、米シアトル、そして東京都の八丈島と散らばることだ。こうした連携を可能にするのも実はAIの恩恵。人の雇用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]