/

この記事は会員限定です

Airbnbが示す民泊の未来 奈良県吉野町で地域再生

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア

世界最大手の民泊仲介会社Airbnb(エアビーアンドビー)が、建築家の長谷川豪氏と協働して、奈良県吉野町に宿泊施設を設けた。地元のコミュニティーが施設を運営することで、宿泊客と地域の距離を一気に縮める新しい挑戦が始まった。

1500年代から林業の記録が残り、造林発祥の地といわれる奈良県吉野町。町の東西を蛇行する吉野川のほとりに、ゲストハウス兼コミュニティースペースの「吉野杉の家」が2017年2月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1673文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン