身近に眠る宝の山、社会的課題にトライ

2017/7/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大量のデータを学習すればするほど賢くなる人工知能(AI)。AI業界では今、手つかずで眠るデータを探り当てようと"ゴールドラッシュ"が起きている。ただ、すべての宝の山が地中深くに埋もれているわけではない。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に代表される公開情報も使いようによっては宝に化ける。

「インフルエンザかもしれない」「なんだか頭が痛い」。奈良先端科学技術大学院大学(奈良県生駒市)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]