/

イチローはいったい何位? 古い記録、サイトで差異

スポーツライター 丹羽政善

大リーグでは毎試合前、両チームの広報からゲーム・インフォメーション(通称ゲームノート)が配られる。その日、過去に何が起きたか、その日達成されそうな記録、対戦相手との成績はもちろん、こんなに細かいことまで紹介されている。

 7月21日(対ヤンキース) マリナーズ ゲームノート

・マリナーズは5月28日以降、46試合で27勝19敗(.587)。勝率は、ドジャース(36勝9敗、.800)、アストロズ(29勝16敗、.644)に続き、ナショナルズ(27勝19敗、.587)と並んで3位タイ。

大リーグでは毎試合、様々なデータを盛り込んだ資料が配られる

・ネルソン・クルーズは現在20本塁打。これで9年連続での20本塁打以上となり、2009年以来、連続で20本塁打以上を記録する可能性があるのは、現在11本塁打のブライアン・マキャン(アスロトズ)のみ。

細かい記録、記事のあちこちに

個人成績まで含めると8ページ程度に及ぶ。また、試合後にはその試合に関連した記録をまとめた「ポスト・ゲームノート」まで配布される。

・ヤンキースは2014年6月10日以降、マリナーズに12勝4敗と大きく勝ち越し、シアトルでは9勝1敗。

・フェリックス・ヘルナンデスが7イニング以上を投げて、1失点以下だったのは118回目。これは彼が2005年にデビューしてからではメジャートップ(2位はドジャースのクレイトン・カーショーの102回)

米国の新聞の野球記事を読んでいると、締め切りまで時間がないはずの試合原稿にさえ細かいデータが出てくるので驚かされるが、その裏にはこうした球団広報の努力があるのだ。そしてそれを楽しむ読者も多いわけで、とにもかくにも、米国人はデータ好きである。

なお、マリナーズノートにおいては過去、イチローが常連だった。彼が持つ主なマリナーズ記録だけでも、ざっとこれだけある。

通算打率(.322)、通算安打(2533)、通算単打(2060)、通算三塁打(79)、通算盗塁(438)、シーズン通算打率(.372)、シーズン通算安打(262)、シーズン通算単打(225)、シーズン通算三塁打(12)、シーズン最多打数(704)

それぞれの記録に近づくと、その都度、関連データが併記される。主要な記録以外にも、先頭打者本塁打の数、○○試合連続安打、○○回盗塁失敗なし――といった情報もゲームノートをにぎわせ、試合前と試合後は、その確認が常だった。

公式記録と公式サイトで順位が違う

ところで今、イチローの通算安打に関する歴代順位が度々、紙上などをにぎわせているが、単純そうにみえてこれも、広報に確認しながらの作業となる。というのも、通算安打の歴代順位は古い記録の解釈をめぐって、大リーグの公式記録と大リーグ公式サイトの数字さえ異なっているのである。

7月18日、イチローがリッキー・ヘンダーソンの通算安打(3055安打)を更新した。その時、歴代単独23位になったとイチローが所属するマーリンズから発表されたが、大リーグの公式ページ(MLB.com)では単独22位だった。マーリンズに確認すると、「エライアスからデータ提供を受けた」とのこと。エライアスとは、大リーグの公式記録を扱う「エライアス・スポーツ・ビューロー」のことで、公式ページでも本来なら、エライアスのデータが利用されていておかしくないのだが、実はそうではない。

18日の左前打でイチローは通算3056安打とし、球団は「歴代単独23位となった」と発表した=共同

例えば、1897年に引退したキャップ・アンソンという選手の通算安打に関して、エライアスは3081本だが、MLB.comは3011安打としている。この大きな差が、イチローの歴代順位にも影響しているわけだが、理由は1887年の安打数の捉え方にある。この年、大リーグでは四球も安打数に加算した。エライアスは当時のルールを尊重し、アンソンの60四球を加えて同年の安打数を224本としているが、MLB.comでは四球を安打とはみなさず、164安打としているのだ。

残る10本の差についてははっきりしないものの、彼の通算安打に関しては、3435本とする説もあり、高い信頼性を誇る「baseball-reference.com」(以下BR)などが採用している。これはアンソンが1871年から75年までナショナル・アソシエーション(以下NA)というリーグでプレーしており、そこで放った423安打を加えているわけだが、エライアスもMLB.comもNAでの安打数は認めていない。

「すべての記録は99・9%は正しい」

このアンソンのケースなどはほんの一例で、記録の解釈はサイトによって実に様々だ。例えば、通算安打上位25人に関して、MLB.comとBRを比べるだけでも、かなり食い違いが見つかる。以下、安打数の違う5人を抜粋した。

           MLB BR

タイ・カッブ      4191 4189

トリス・スピーカー   3515 3514

ホーナス・ワグナー   3430 3420

エディ・コリンズ    3314 3315

ナップ・ラジョイ    3252 3243

タイ・カッブの2本の差についてはすでに理由が判明していて、1981年4月、歴史家のピート・パルマが、1910年の最終戦でカッブが放ったのは2安打なのに、4安打と記録されていることを発見した。以降、BRなどは4189安打説を採るようになったが、エライアス及びMLB.comは現在に至るまで認めていない。エディ・コリンズの1本の差に関しては、彼のヒットをバック・ウィーバーというチームメートにつけてしまったミスがのちに発見され、3315安打が正しいとされるが、MLB.comはそれを受け入れていない。ナップ・ラジョイは、エライアスの数字を採用する野球殿堂とBRは同じ3243安打だが、MLB.comは3252安打である。彼に関しては、1890年代後半から1900年代前半にかけてほとんどの年で数本の誤差があり、統一は難しいようだ。

そんな様々な違いについて、2005年7月31日付のニューヨーク・タイムズ紙に、野球殿堂の調査ディレクターのこんなコメントが載っていた。

「すべての記録の99.9%は正しいはずだ。しかし、100%ではない」

となると今後も、イチローが誰かの記録を超えるとき、原則としてはエライアスの公式記録がベースになるが、こういった説もある、といった説明も必要になってくるのかもしれない。

余談ながら、エライアスの見解を変えるのは至難の技だそう。前出のニューヨーク・タイムズ紙の記事によると、1977年にある大学生が、ハック・ウィルソンという選手の1930年の打点が190ではなく191であることを発見した。するとエライアスは、過去の記録を3度見直すことと、ウィルソンのチームメート全員の出場記録を調べるようにとのむちゃぶり。結局、大学生の指摘が正しかったのだが、公式記録が変更されるまで22年を要したそうである。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン