/

この記事は会員限定です

「AIの株取引、監視もAIで対抗」

佐々木・金融庁総括審議官に聞く

[有料会員限定]

生き馬の目を抜く株取引の世界。一瞬の情報伝達の時差を突いたり、状況の変化に素早く対応したりして売買するには、もはや人工知能(AI)を使った方が有利との見方もある。人知を超えた取引を監視するには、従来のルールは通用しない。証券取引等監視委員会の前事務局長である佐々木清隆・金融庁総括審議官に、AI時代の市場の番人のあり方を聞いた。

――証券市場では自動取引や超高速取引(HFT)といったコンピューターに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1887文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン