/

満島ひかり ルーツの地で「やっちまった」禊ぎの撮影

映画、ドラマ、舞台などで圧倒的な演技力を発揮。2017年6月には『トットてれび』(NHK)、『カルテット』(TBS)などの演技が評価され、ギャラクシー賞(テレビ部門・個人賞)や放送文化基金賞(演技賞)を受賞して話題になった満島ひかりさん。彼女が見せてくれたのは、「常に財布にいる」というギター弾き用のピックだった。

気まずい思いのまま、いつも財布にいるピック

「ドラマ『ごめんね青春!』(14年/TBS)の撮影の後に、スタッフやキャストでごはんを食べに行ったんです。その時、共演していた錦戸亮くんが財布から出したのがこれ。『何それ?』と聞いたら、『長瀬(智也)さんにもらったヤツなんやけど、いる?』って。『小銭入れのお守りや』『ありがとう』なんて言いながらもらったんですけど、これは長瀬さんが、錦戸くんだからあげたもの。私が持っていていいのかなって、なんか気まずい思いを抱えたまま、でもどうすることもできずに小銭入れにずっといるヤツです(笑)。

私はギター弾きじゃないし、特別このピックに愛着があるわけでもない。でもずっと近くにいるから、見るたびに不思議な気持ちになりますね。でもその不思議な距離感がいいな、とも思う(笑)。

実際、お守りになっているかもしれないので、これと、その年に引いたおみくじをいつも財布に入れています。おみくじも見せた方がいいですか?」

「長瀬さんと会ったらどうしようっていうドキドキはいつもあります。お会いした時に、このピックのことを言った方がいいのかな、言わない方がいいのかなって(笑)」

そう言って見せてくれたのは、今年初め、『カルテット』の撮影時に神社で拾ったというおみくじ。

「軽井沢の神社で、私の足元に落ちていたんです。これを今年のおみくじにしよう、と思って、そのまま財布に。人のもの? いや、お金はちゃんと入れましたよ(笑)。それに落ちているものには福があるって、フランスでは言うらしいので。ここ日本ですが。

運勢は、大吉です。今年は何でもかんでもうまくいくって書いてある。でも最近ちょっと風邪気味だし、厄年だし、そんなにうまくいってる感じはないんですけど(笑)」

戦争って、嘘じゃなかったんだ

17年7月29日に公開される主演映画は、『死の棘』の作家・島尾敏雄と妻・ミホとの戦時中の出会いを描いた『海辺の生と死』。作家でもあるミホが書いた同名作品集や、敏雄の『島の果て』を原作とし、2人が実際に恋に落ちた鹿児島県、奄美群島・加計呂麻(かけろま)島で撮影が行われた。

「奄美は私のルーツといえる場所。原作を読んで、私の祖先はこんな土地で育ったんだ、と思いました。

私はおばあちゃん子だったので、昔の奄美の話はよく聞いてもいたんです。おばあちゃんのお兄さんが特攻隊になり、飛行機が飛んでくるたびに妹と2人で海に入って、『あにい、あにい、会いたいよー!』って、泣きながら手を振っていたとか。

ロケに使われた奄美群島の加計呂麻島は原生林が残り、圧倒的な生命力をたたえる。「ちょっと神秘的で怖いところもいっぱいありますね。なんでもかんでも、宿っている感じがする」写真:『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

故郷の仏壇に手を合わせに行くと、今でも白い軍服を着た、そのお兄さんの写真が真ん中に飾ってあります。顔つきが私の弟にも似ていて、不思議な気持ちがするんです。『ああ、戦争って、嘘じゃなかったんだ』って、見るたびに思います」

島唄を歌うシーンがあるため、奄美島唄伝承の第一人者の唄者(うたしゃ)、朝崎郁恵さんから直接手ほどきを受けた。また「島を象徴するような主人公にしたい」と、衣装や髪型にもこだわっている。

島を伝えるためにこだわった衣装、その衣装を脱ぐとき

「奄美というと、南の島特有の湿気がムンムンしているイメージがあるだろうし、ミホさんには『死の棘』での愛に狂った女性像もある。そこに戦争の話も絡むので、一見、重たい、つらい映画だと思われる気がするんです。

そればかりの話ではないし、どちらかというとファンタジーでおとぎ話のような島だと私は感じているので、衣装はあえて透ける素材の、柔らかいものを多く選んでいます。彼女が新しい世界に憧れていて、おしゃれが好きだということを表すため、戦時中だけど、もんぺにオレンジや赤を入れたり桃色の着物を身につけたりもしました。

「原作には、おばあさんやお父さんから聞いていたかつての島の、美しさや恐ろしさが描いてあって。故郷を舞台にした、ちょっとリアリティのあるおとぎ話みたいに思えました」写真:『海辺の生と死』 (C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

ポスター写真にも写っている赤と緑のネックレスは、衣装の伊藤佐智子さんにお願いして作ってもらったんです。赤は珊瑚で、緑は私が祖母からもらったネックレスチャーム。撮影の始まる1カ月ほど前からそれを首にかけて生活していました」

『海辺の生と死』では、衣装を脱いで頭から水をかぶる、禊ぎ(みそぎ)を行うシーンがあり、見る者を驚かせる。

「私もびっくりしました。そんな予定じゃなかったので(笑)。

この映画にも出てくる『古事記』に、『ひとつずつ身につけているものをおとし、両目と鼻と口に水を付け、身を清める』というような禊ぎの儀式があるんです。現場に行ったら、監督がその方法で禊ぎをやりたいと。『ワンピースのままですか?』と聞いたら、『どっちでもいいよ』って。

服を着て禊ぎをしている人って、ヘンじゃないか? と思って『わかりましたー』とあまり何も考えずにあの場面を撮ったんです。だから映画ができあがった時に、『うわっ、やっちまったな』とちょっと思いました(笑)。

神秘的な旧家のお庭で、なぞの壷に水を張って頭からばしゃーんとかぶる。たぶん、本当の禊ぎをやってしまったのではないかと、疑っています」

『海辺の生と死』(C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

いつもモノとの相性を考える

役との距離感が面白い。「役には入らない方がいい。(役と自分の)境界線を曖昧にして、あっちもこっちも自由に泳げる状態にしていたい」と話す。モノとの距離感にも、彼女ならではの尺度がある。

「人よりもモノの方が、距離が近い感じが昔からあるんです。例えば? よく、モノに話しかける。話しますよね? 話しません? 『私と今、相性良くないね。ほかの人のところに行く?』とか(笑)。

たぶんモノを買うときに重視するのは、相性です。愛し合えるかどうか、そのモノと私が。それはいつも確かめていたくて、ヒマができると、家のモノを全部ひっくり返して、1つ1つを触るんですよ。ペンケースなんかも全部開けて、すべてのペンに触ってみる。そこで『このペンは私のところより、誰かのところにいたいのかしら』と思ったり。

相性が合わないモノは、なるべく捨てずに、相性の良い人に回していこうと思います。捨てる場合は、遊び道具にしてから捨てる。「これに、面白い画を描こう」とか友達と遊んでいるうちに、名残惜しくなることも」

今欲しいのは、マイ・ハンドスピナー

最後に、今、欲しいものを聞いた。

「健康な肉体(笑)。あとは、ずっとシュレッダーが欲しかったんですけど、それは買いました。銀行とかでシュレッダーすると楽しいじゃないですか。『これ、家でやったら気持ちいいんだろうな』と、ずっと狙っていたんです。

それから今は、おもちゃがほしいです。仲のいいカメラマンさんが、ハンドスピナーっていうクルクル回すおもちゃを持っていて……。え、あるんですか?」

NIKKEI STYLE編集部がたまたま持っていたハンドスピナーを渡すと。

「これです、これ(笑)。今、流行ってるんですよね? これ、回っているのをじーっと優雅に見ていると発散に良いらしくて(笑)。普通は手で回すだけなんですけど、こうやって、ヘンなことしても面白い(そう言って、ハンドスピナーを顎に乗せて回し始める)。

おもちゃって興味なかったんですけど、最近はポイ(ニュージーランド、マオリ族の儀式道具が起源とされる振り回すおもちゃ。ジャグリングにも使われる)とかホッピングとか、タイヤのついた靴なんかも気になっています。

そういうおもちゃのすごい人になって、大会に出られるようになりたい(笑)」

6月にはMONDO GROSSOの楽曲「ラビリンス」に歌手として参加。「声に特長があって、歌手じゃない人に歌ってほしい、と大沢伸一さんからお声がけいただいて。『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出るような大ごとになると思っていなかったので、また『やっちまったな』と思いました(笑)」
満島ひかり
 1985年、鹿児島県生まれ、沖縄県育ち。97年に音楽ユニット「Folder」でデビュー。その後、映画・ドラマ・舞台で活躍を続け、これまでに国内外で多くの演技賞を受賞。最近では、mondo grossoの楽曲「ラビリンス」にゲストボーカルで参加し、自身の出演するミュージックビデオも話題。映画『メアリと魔女の花』(声の出演)が17年7月8日から公開している。舞台『百鬼オペラ「羅生門」』が17年9月8日より渋谷Bunkamuraシアターコクーンにて上演。

『海辺の生と死』

『海辺の生と死』7月29日(土)テアトル新宿ほか全国順次公開 (C)2017 島尾ミホ / 島尾敏雄 / 株式会社ユマニテ

昭和19年、12月。奄美のカゲロウ島で国民学校の教師をしている大平トエは、海軍特攻艇隊の隊長・朔(さく)中尉と出会う。惹かれ合った2人は逢瀬を重ねる間柄となるが、ついに朔が出撃する日がやってくる。 監督+脚本・越川道夫 原作・島尾ミホ(『海辺の生と死』中公文庫刊)、島尾敏雄(『島の果て』)ほか 出演・満島ひかり、永山絢斗、井之脇海、川瀬陽太、津嘉山正種 17年7月29日(土)テアトル新宿ほか全国順次ロードショー

(文 泊貴洋、写真 吉村永)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン