2018年7月21日(土)

ニトリのロボット倉庫で見えた物流無人化の未来
物流を救うテクノロジー(下)

(1/3ページ)
2017/7/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 大量の製品が並ぶ棚の周りを歩き続け、ときには重い荷物を持ち上げる。夏は暑く、冬は寒い。繁忙期には残業も増える。肉体的にきつくてつらいといわれる物流拠点での仕事を、ロボットに置き換えようとする取り組みが加速している。特にここ数年で取扱量が急増し、人手不足が深刻化しているネット通販の現場で目立つ。ロボット化で倉庫の無人化は実現できるのか。

 加速するにつれて高まるモーター音を響かせながら、格子状に並ん…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

物流を救うテクノロジー

 

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報