2018年8月15日(水)

中国山西省の「巨大パンダ」、実は50MWの太陽光パネル

2017/7/19 6:00
保存
共有
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 中国のエネルギー開発事業者であるパンダ・グリーン・エナジー(Panda Green Energy Group)は2017年6月28日、山西省大同市でパンダの形をしたメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設して系統に接続し、試験運転を行っていると発表した。パンダの形をしたメガソーラーは、世界初という。

 大同市のパンダ形メガソーラーは、すべて完成すると設備容量が100MWとなる。今回運転を開始したのは第一段階の50MW分である。

Panda Green Energyが山西省大同市に建設するパンダ形メガソーラー完成予想図(出所:Panda Green Energy)

Panda Green Energyが山西省大同市に建設するパンダ形メガソーラー完成予想図(出所:Panda Green Energy)

山西省大同市に建設中のパンダ形メガソーラー 。まず50MW分が稼働した(出所:UNDP CHINA)

山西省大同市に建設中のパンダ形メガソーラー 。まず50MW分が稼働した(出所:UNDP CHINA)

 パンダ・グリーン・エナジーは2016年5月に同プロジェクトの建設を公式に提案し、同年9月1日に国連開発計画(UNDP)と協力することで合意したという。

 その後、2017年5月14日に北京で開催された「一帯一路フォーラム(シルクロード経済圏構想)」の国際会議で、中国政府と国連が署名し、パンダ形メガソーラーのプロジェクトが「一帯一路」による建設計画のアクションプランに盛り込まれた。

 大同市に稼働中の発電所は、同社のパンダ形メガソーラー計画の第一歩という。100MWのパンダ形メガソーラーは、25年間で32億kWhのクリーンな電力を供給でき、約100万tの石炭、または274万tの温室効果ガス排出量の抑制に相当するとしている。

 今後の5年間で同社は、「パンダ100プログラム(Panda 100 Program)」によって、一帯一路沿いの国や地域でパンダ形メガソーラーを建設していく計画という。

 メガソーラーのパネル配置で、特徴的な形状をつくる試みとしては、米フロリダ州にあるミッキーマウス形のメガソーラー(5MW)がある。これは、米Duke Energyが、ウォルトディズニーと連携し、同社の所有地に2016年4月に稼働させた。

(日経BP総研 クリーンテック研究所 大場淳一)

[日経テクノロジーオンライン 2017年7月18日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報