MBA僧侶、東へ西へ 「未来の住職塾」塾長

2017/7/16 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宗派に関係なく、全国のお寺の住職に経営を指南する「未来の住職塾」というユニークな組織がある。塾長は東京大学を卒業し、経営学修士号(MBA)の肩書も持つ神谷町光明寺(東京・港)の異色の僧侶、松本紹圭氏(38)。日夜、経営に困ったお寺の経営指導に余念がない。

これまで全国550のお寺から20~70代と幅広い層の住職や副住職などが同塾に参加した。松本氏は「都会は人口は多いが、仏教文化が薄れており、田舎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]