関西発「スポーツCAFE」

フォローする

G大阪・堂安、オランダ移籍 「死に物狂いで」
敬愛する宇佐美の後追う

2017/7/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

J1ガンバ大阪のMF堂安律(どうあん・りつ)が今月、オランダ1部リーグのフローニンゲンへ期限付きで移籍した。現地では初の練習試合でいきなり2ゴール。「東京五輪までに(日本)代表で活躍しておきたい」と青写真を描く19歳は、まずは8月13日の開幕戦スタメンデビューを目指す。

新天地では「圧倒的な数字を残したい」という堂安(6月29日)=共同

新天地では「圧倒的な数字を残したい」という堂安(6月29日)=共同

兵庫県尼崎市出身で、中学生からG大阪の育成組織で育った。以前からの海外志向に拍車をかけたのが、3得点を挙げた5月のU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会。「想像以上に感じたものがあった。海外に行きたい気持ちが倍以上に増えた」

16歳でG大阪史上最年少のJ1デビューを飾ったホープをクラブも「非常に戦力的に痛いが、アカデミーで育った宝なので、世界を代表する選手にまで大きく成長してほしい」(山内隆司社長)と快く送り出した。

得点機を演出する果敢なドリブル突破と、遠めからでもゴールを狙える左足のシュート力が武器。172センチ、70キロと小柄ながら、当たり負けしない体の強さもある。フローニンゲンはスアレス(バルセロナ)やロッベン(バイエルン・ミュンヘン)ら世界的スターが巣立ったクラブ。堂安は「ステップアップできるリーグ。中途半端な結果じゃダメ。圧倒的な数字を残したい」。

G大阪での最終戦となった6月25日は、ちょうど1年前にドイツ再挑戦を決めた宇佐美貴史(アウクスブルク)がセレモニーを行った日と重なり、ホームのサポーターを前に「宇佐美貴史という存在が自分の中で大きく、憧れだった」とあいさつした。敬愛する先輩の後を追うように海外行きを決めた堂安は「死に物狂いでやっていく」。大きな野心を胸に飛躍への一歩を刻む。

(常広文太)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
実証実験が行われる駒川商店街をC大阪の選手が訪れ、商店主や買い物客とふれあった(9月21日)

 J1のC大阪は本拠地のヤンマースタジアム長居(大阪市)でG大阪とのリーグ戦第27節が行われる9月28日、スポンサー企業などと連携して地元商店街の利用客増加に向けた実証実験を行う。車で来場する人に商店 …続き (9/27)

C大阪の育成チームと対戦するアジア選抜(青のユニホーム)

 サッカーJ1のC大阪がアジアでの活動域を広げている。Jリーグの掲げるアジア戦略と歩調を合わせ、2012年にタイのクラブと提携を結んだのが最初の一歩。さらにマレーシア、ベトナム、ミャンマーに交流を広げ …続き (9/8)

大迫貴史氏(後列右端)がGMを務めるFKアドリア選抜は準優勝

 堺市で3月中旬、12歳以下の8人制サッカーの国際大会「シン・エナジーカップ」が開かれた。企画したのは東欧の小国、モンテネグロのサッカークラブ「FKアドリア」。桃山学院大(大阪府和泉市)サッカー部の元 …続き (4/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]