/

この記事は会員限定です

東芝対WD、迫る審問 勝負占う「訴訟弁護士」

[有料会員限定]

米ウエスタンデジタル(WD)が東芝の半導体メモリー事業の売却差し止めを米カリフォルニア州の上級裁判所に申し立てた問題で、同裁判所は14日午前(日本時間15日未明)に初の審問を開く。東芝が取った情報遮断の措置が米国時間11日、裁判所に一時解除を命じられるなど戦いは既に過熱。両社にそれぞれ付く訴訟専門の弁護士の動きが活発になり、その存在に注目が集まっている。

「リティゲーター」登場

「まさに弁護士の力量が問われる争いだ」。国際商...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3597文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン