2017年12月14日(木)

習近平氏、対北朝鮮「100日計画」空約束の効用  編集委員 中沢克二

習政権ウォッチ
コラム(国際・アジア)
(1/2ページ)
2017/7/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 7月4日の米国の独立記念日、北朝鮮トップの金正恩(キム・ジョンウン)は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と称する“プレゼント”を日本海に打ち込んだ。衝撃が世界に広がるなか、ロシアを訪問した中国国家主席の習近平は大統領のプーチンと会談。「ICBM発射」と同じ日付で発表した朝鮮半島問題に関する中ロ共同声明で「無条件の対話」を明確に打ち出した。

 この最悪のタイミングで米大統領、トランプに対して金正恩に「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報