2017年11月25日(土)

売電2.5億円 霧島酒造、食品廃棄物でバイオガス発電

コラム(テクノロジー)
(1/3ページ)
2017/8/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 食品廃棄物の削減・処理とリサイクル、再生可能エネルギー発電による売電の“一石三鳥”を狙う技術が普及し始めた。工場や、飲食店から出るバイオマス(生物資源)である生ゴミを使う「バイオガス発電」だ。

■焼酎作りの「最終工程」

 「バイオガス発電は、イモ焼酎作りに欠かせない工程」と、霧島ホールディングス経営計画室顧問の黒木尚之氏は話す。「黒霧島」「白霧島」など全国で人気を集める焼酎などを製造、販売する霧島酒…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報