AI

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

エコシステムか賢さか、「AIスピーカー」Amazon対Google

(1/2ページ)
2017/8/4 6:30
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 米Apple(アップル)も2017年12月の新製品投入を発表するなど、世界で開発競争が活発化しているAI(人工知能)スピーカー。現時点でこの市場で圧倒的に優勢な米Amazon.com(アマゾン)の「Amazon Echo」を、米Google(グーグル)の「Google Home」が追従する格好となっている。果たして、Google Homeに勝ち目はあるのか。米国在住の記者が両製品を試してみた。

Amazon Echo(左)とGoogle Home(右)
画像の拡大

Amazon Echo(左)とGoogle Home(右)

 Amazon Echoの発売は2014年11月であるのに対して、Google Homeの発売は2016年11月。市場での存在感は、2年先んじたAmazon Echoが圧倒する。米国の調査会社であるConsumer intelligence Research Partnersによれば、2016年のAmazon Echoの年間出荷台数は800万台を超えたという。

 Amazon Echoの音声アシスタント「Amazon Alexa」の機能を拡張する「Alexaスキル」の種類も、2017年2月に1万種類を超えた。Alexaスキルはパソコンやスマートフォン(スマホ)のアプリケーションに相当するもの。アマゾンが用意するAlexaスキルのストアから、どのスキルを導入するかを選択できる。ストアではキーワードによる検索もできるし、ユーザーによるスキルのレビューも掲載されている。

 Google Homeが搭載する音声アシスタント「Googleアシスタント」にも「Action」や「App」と呼ぶ機能を拡張する仕組みがある。しかしこれらのストアは用意されていない。Google Homeで利用したい機能がある場合は、Google Homeのスマホアプリの設定画面から「Assistant apps」という項目を開いて選択する仕組みだが、機能がアルファベット順に並んでいるだけで、使い勝手はよくない。

■エコシステムではAmazon Echoが先行

 いわゆる「エコシステム」の充実度では、完全にAmazon Echoに軍配が上がる。アマゾンは既に、小型スピーカーの「Echo dot」や、Amazon Echoに画面が付いた「Echo Show」、ユーザーが身に着ける衣類のスタイリングを選ぶ手助けをするカメラ搭載Echoである「Echo Look」など、Echoファミリーを拡充している。

 音声アシスタントのAmazon Alexaは、こうしたEchoファミリー以外にも、Amazonの「Fire TV」や「Fire Tablet」だけでなく、Amazon以外のサードパーティーのスマートウォッチやスピーカーなどに続々搭載されている。

 それに対してGoogleアシスタントを搭載する端末は、現状ではAndroidスマホとGoogle Homeに限られる。グーグルはアップルの「iPhone」にもGoogleアシスタントを提供するほか、Android搭載のスマートTVや車載端末にもGoogleアシスタントを搭載する方針を示しているが、エコシステムの構築はこれからだ。

 もっとも音声アシスタントの性能を比較すると、Googleアシスタントを搭載するGoogle Homeが、Amazon Echoに比べて優位のようだ。Amazon EchoとGoogle Homeに同じ質問を投げかけてみて、その結果を比較した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

こちらにも体験記

日経BPの関連記事

【PR】

AI 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

人工知能(AI)を採用した働き方改革支援サービスの流れ(画像提供:エルテス、TIS)

社員の行動を分析 「働き方改革」AIが指南 [有料会員限定]

 働き方改革の方針を人工知能(AI)で導き出す新サービスが相次ぎ登場している。政府はテレワーク・デイを2017年7月24日に開催。数千人規模で取り組んだNTTデータなど600社以上が参加する盛り上がり…続き (10/11)

フェンシング界のレジェンドである太田雄貴氏。北京五輪のフルーレ個人で銀メダル、ロンドン五輪のフルーレ団体で銀メダルを獲得。2016年のリオデジャネイロ五輪後に現役を引退=共同

共同

肝はパターン分析、伝説的選手の「感性」AIに実装

 前回は、LIGHTzが開発するAI(人工知能)技術「ORINAS(オリナス)」を、スポーツ分野でどのように展開できるかについて紹介しました。
 今回は、フェンシング界の世界的なレジェンドである太田雄貴…続き (10/6)

イチロー選手=共同

共同

人工知能で継承する伝説のスポーツ選手「究極の技」

 人工知能(AI)技術の進歩によって、従来は人間にしかできなかった多くの仕事が、理論上は自動化できるようになってきた。実際、販売・マーケティング、顧客サポート、人事・人材管理、物流など多くの分野でAI…続き (9/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月20日(金)

  • ビットコインに11月再分裂の危機、前回より事態は深刻
  • 米国でAIスピーカーとHA機器の導入が急増
  • 機械学習で「雑草だけに除草剤」―米農機大手ジョンディアは、新興ロボット企業の買収で農業を進化させる

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト