競馬実況アナ日記

フォローする

「1人で1着の勝負服」 受け継がれる匠の精神

(1/2ページ)
2017/7/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

我々、競馬アナウンサーは毎週末になると、当該週の実況を担当するレース用の「塗り絵」作業で忙しくなります。レースの馬名を書き込んだ用紙に、騎手が着ている勝負服と同じ色や柄の塗り絵をつくっていきます。この勝負服の塗り絵を実況席の手元に置いて、馬の名前を覚えたり、実況しながら間違いないか確認したりするためにも使います。

1896種類もの勝負服登録

「河野テーラー」3代目の河野正典さん

「河野テーラー」3代目の河野正典さん

今回は我々にとってもなじみの深い、「勝負服」について紹介します。それぞれの騎手によって勝負服が決まっている地方競馬とは違って、中央競馬の場合、騎手が身に着けている勝負服は登録された馬主によって種類が分かれています。今年1月1日時点の数字で、日本中央競馬会(JRA)の馬主登録数は2382人、服色登録数は1896人となっています。1896種類もの勝負服が登録されているのです。勝負服に使える色は赤や青、黄、緑、桃、水色、紫、薄紫、茶、ねずみ、えび、白、黒の13色。しかも、微妙な色の濃さも厳しく指定されています。また、柄については17種類の指定があり、胴の部分や袖に入れられる柄は1種類だけ。柄の大きさなどにも規制があります。

現在、中央競馬は夏のローカル開催が真っ盛り。福島競馬場が1年で一番盛り上がる季節でもあります。福島競馬場の目と鼻の先にあるのが、勝負服をつくり続けて100年近くになる「河野テーラー」。地元はもちろん、全国のメディアの取材にも応えてきていて、ファンの間ではかなり有名な存在です。夏の福島開催は「河野テーラー」の3代目、河野正典さんにとっても、1年で最も忙しい季節です。100年も続く勝負服の老舗「河野テーラー」さんを今回は取材させていただきました。

1世紀近く勝負服をつくり続けている河野テーラー

1世紀近く勝負服をつくり続けている河野テーラー

河野テーラーは、創業者の河野正太郎さんが米軍の乗馬用ズボンをつくる傍ら、勝負服をつくり始め、福島で店を構えたのがそもそもの始まりだったそうです。その後、2代目として店を引き継ぐことになったのが、元騎手の河野(旧姓・福島)政平さん。現役時代、減量が辛くて騎手生活を諦めることになったとき、勝負服づくりを勧めてくれたのが、義父の正太郎さんでした。

政平さんの代になると、騎手だった経験を生かし、勝負服にもいろいろな工夫を加えていったそうです。激しい動きにも耐えられるもの、レースのしやすいものへと勝負服も徐々に変わっていきました。また、元騎手ということで馬主さんや調教師にもかわいがられていたといいます。馬主の半沢吉四郎さんや弟の半沢信弥さんともこのころ知り合い、吉四郎さんとは牧場で一緒にグリーングラスを見にいって購入を決めたというエピソードもあったそうです。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
パソコンで競馬場内の映像を確認しつつ、高知競馬の予想番組にリモート出演した

 無観客開催が続く中央競馬。本来なら、競馬場内は多くの人でにぎわい、グルメ、レース展望など、様々なイベントが催され、そこかしこでレースとはまた違った盛り上がりをみせる。だが、今は当然、一切行われないば …続き (9/26)

「フランケル」の「鶏天おろしぶっかけうどん」


 2月29日に始まった中央競馬の無観客開催は、既に10月4日までの延長が決まっています。もう半年以上、あるべき歓声に耳を傾けることができていません。
 「家に帰るまでが遠足」という言葉を聞いたことがあり …続き (9/12)

夏空の小倉競馬場。無観客で外柵沿いに人はいない

 コロナ禍の終わりがみえない中で、夏が終わろうとしている。つまらない夏(競馬)だったなあと思う。競馬そのものがつまらなかったというのではない。朝昼晩、全ての時間で楽しんでこそ夏競馬なのだ。なのに今年は …続き (8/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]