/

この記事は会員限定です

中国一の富豪も標的 当局、海外M&A企業を締め付け

[有料会員限定]

中国当局が海外買収を繰り返してきた企業への締め付けを強めている。6月下旬に深圳株式市場で、中国一の大富豪が率いる大連万達集団(ワンダ・グループ)傘下の映画館運営会社の株価が急落。買収に貪欲な姿勢で知られる他の企業にも売りが波及した。中国政府が過剰債務の削減に乗り出しており、債務を背負って買収を繰り返す企業が金融監督当局の目下の標的になるとの見方が広がっている。

大手銀行に融資内容の調査を命令...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1830文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン