/

この記事は会員限定です

林業の循環 100年の計必要 新島俊哉氏

林野庁中部森林管理局長

[有料会員限定]

意外なようだが近世以降で日本の森林が現在ほど充実したことはない。近年の林業は「間伐」中心だったが、戦時中の乱伐を補うなど戦後の植林の成果で全国の人工林は10齢級(樹齢46~50年)以上の成熟した木を切る「主伐」に適したものが5割を超えた。

しかし、喜んでばかりはいられない。樹齢の分布が10齢級を頂点とする釣り鐘形なのだ。林業にも木材産業にも一番まずいのは、かつてのように一気に木を切って再び低迷期に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン