/

この記事は会員限定です

テーパータントラム再来も? 欧州発の金利上昇が世界に波及

経済部 浜美佐

[有料会員限定]

欧州発の金利上昇が米国や日本など世界に波及している。欧州や北米などの中銀関係者が、相次いで金融緩和の縮小に前向きな発言をしたことが金利の上昇につながった。ここ1~2カ月続いてきた世界的な金利低下局面が転換点を迎えた可能性がある。

金利上昇の最初のきっかけをつくったのは27日のドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言だ。景気回復が続く中で現状の政策姿勢を維持すれば緩和効果はより強まるとした上で、緩和の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン