/

この記事は会員限定です

鳥や虫も ビル街に自然の森を再現、大成建設の試み

[有料会員限定]

オフィス街で緑地の重要性が注目されている。大成建設は再開発やビルの建て替え時に、見栄えを優先した人工的な緑地ではなく、自然を忠実に再現した緑地づくりを進めている。重視するのは生物の多様性だ。地域固有種のデータを集めた支援ツールも整備し、都会の森づくりに挑む。

庭園に飛来・生息する鳥や昆虫を予測

「ここに森を作れば、こんな生物がやってきますよ」。ある大規模再開発地域。地権者らに対し、タブレットを片手に状況を説明する大成建設担当者の姿があった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン