美走・快走・楽走

フォローする

日差しから体守る ランニングのお役立ちアイテム
ランニングインストラクター 斉藤太郎

(1/3ページ)
2017/6/30 6:30
保存
共有
印刷
その他

日ごろ顔を合わせているランナーたちの肌はこの季節、徐々に日に焼けてきます。急に焼けた方を見ると「どこを走ってきたの?」という会話になります。今回は日差しと上手に付き合うポイントを説明させていただきます。

学生時代の夏場の練習では、上着を脱いでランニングパンツだけで走るようなこともありました。現在そのようなことをする人はまれではないでしょうか。日差しは年々強くなっていると思います。7月、8月あたりまではとても紫外線が強い季節です。晴天の日、太陽が高く昇っている時間帯のランニングは非常に過酷です。暑さに太刀打ちして強くなるという根拠のない根性論では生身の体は持ちこたえられません。

目を紫外線から守るにはサングラスが効果的

目を紫外線から守るにはサングラスが効果的

走力向上を前提とするのであれば、ランニングによる適切な負荷をかけることが基本です。「日差しの中で頑張って走った」「とても疲れた」というのは、実はランニングによる負荷を日差しによるダメージが上回っているにすぎないのかもしれません。

その疲労感はランニングによるものなのか。日差しや暑さによるものなのか。それを見極めることが大切です。

身につけるアイテムの工夫

<ツバのついた帽子>

キャップとサンバイザーの2通りあります。ツバが目を日差しから守ってくれて、リラックスして視界を保って走れます。多くの方は薄い生地のキャップをかぶっています。キャップは頭蓋骨を覆うように日差しから守ってくれるのですが、一方で頭が蒸れてしまうということもあります。そういう方はサンバイザーがおすすめです。ツバが視界を良好にし、頭は蒸れません。汗が滴り落ちるのをヘアバンドのように抑止してくれます。

<サングラス>

「眉間にシワを寄せる」という表現がありますが、目の周りをこわばらせ、力んでしまうと、良いパフォーマンスは発揮できません。目をリラックスさせ、かつ守るには、帽子のツバだけではなく目を紫外線からプロテクトしてくれるサングラスが効果的です。

生卵が一度ゆで卵になったら、もう元には戻らない。強い日差しに目をさらすという行為は、ある意味で目を電子レンジに入れるのと同じだそうです。タンパク質が熱で発火するとゆで卵のように白くなりますが、一旦そうなってしまうと二度と元に戻りません。裸眼で直射日光を浴びるというのはそういうことのようです。

私は、偏光レンズのついたサングラスを使用しています。今は後継モデルが出ていますが、オークリー社のフラッグジャケットという商品です。強い日差しでも目をリラックスさせて見ることができます。

どちらかというとダイレクトに自分の目で世界を見て走るのが好きなランナーですので、日差しを正面に見て走るようなときや、路面の照り返しが強くてまぶしいときには着用し、それ以外のときには後頭部側にかけるといったやりくりをしています。サングラスは、決して格好つけてかけているのではなく、パフォーマンス向上や目を守ることを意図して着用するものです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

コラム「美走・快走・楽走」

コラム「ランナー集まれ」

電子版トップスポーツトップ

美走・快走・楽走 一覧

フォローする
これまで以上にランニング中の間隔に気をつかうようになってきた(東京・駒沢公園)=共同共同

 「オレンジジュースのプールに長くつかっていると、自分がオレンジジュースを好きだったことを忘れてしまう」。競技に集中させてもらえる今の時間がどれほど貴重か。ただ「こなす」ことに終始しないための戒めとし …続き (5/7)

東京マラソンで都庁前を一斉にスタートするエリート選手たち(左)。一般ランナーも参加した昨年(右)から大幅に減少した(代表撮影)=共同共同

 3月1日午前9時10分、東京マラソンのスタート。都庁前に整列するランナーの塊は、例年とは大きく異なり、とてもコンパクトなものでした。天気は快晴で、昨年大会の冷たい雨とはまるで対照的。トップランナーと …続き (3/11)

腕の付け根から出たエネルギーがしっかりと指先に伝わるような動かし方をしよう

 2020年、オリンピックイヤーの幕開けです。この節目にいま一度、無理のない美しいフォームの体得を目指してみてください。日ごろ私は効率の良い走り方のポイントを骨盤、肩甲骨、姿勢の3要素と捉え、それぞれ …続き (1/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]