/

この記事は会員限定です

アルゼンチン、指数不採用で手痛い株価下落

[有料会員限定]

2015年12月に就任した改革派のマクリ大統領の下、急速に開放経済への転換を推進する南米の大国、アルゼンチン。10年以上続いた左派政権からの政策転換を好感し、就任以来右肩上がりで上昇していた株価が足元で調整している。改革機運は依然として旺盛だが、「政策の継続性の可能性」という泣きどころを攻められた。

21日、アルゼンチンの株価と為替に大きな衝撃が走った。通貨ペソが対ドルで最安値を更新、主要株価指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン