/

この記事は会員限定です

幼児教育「無償化」は意味がない 赤林英夫氏

慶応義塾大学教授(教育経済学)

[有料会員限定]

政府は幼児教育の無償化を早期に実現するという。しかしその目的は曖昧で、何が達成できるのかもほとんど議論されていない。「人への投資は収益率が高い」「国際的に見劣りする公的教育費」と言った大義名分だけが先行して政策が作られようとしている。

幼児教育に公的資金を投下する政策には、所得上昇や経済成長への寄与が高いというノーベル賞受賞者のヘックマン氏の研究がエビデンス(根拠)として使われる。しかし、これは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン