/

この記事は会員限定です

ネットの中傷 責任追及の仕組みを 唐沢貴洋氏

弁護士

[有料会員限定]

インターネット上で個人を標的にした誹謗(ひぼう)中傷が氾濫している。見知らぬ人から執拗に攻撃される被害を受けた経験を踏まえ、ネット空間における中傷対策について意見を述べたい。

私への攻撃は2012年3月、匿名掲示板に関連する事件を引き受けたのを機に始まった。複数の投稿者からネット上で中傷や殺害予告などの脅迫を受けた。家族が盗撮されたり、親族の墓にペンキをかけられたりするなど被害は現実世界にも及び、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン