博報堂、AI×鏡で広告の新しい形「AoT」を提唱

2017/6/23 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「IoT(Internet of Things、モノのインターネット)時代はあらゆるモノが広告になり得る。IoTをAoT(Advertising of Things)と捉えることで、広告の未来は無限に広がる」――。博報堂のビジネスインキュベーション局スダラボでエグゼクティブ・クリエイティブディレクターを務める須田和博氏は、日本マイクロソフトが2017年6月22日に開催したイベント「AI×宣伝広告…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]