チームニッポン大変革

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本人スプリンター さらなる高みへ
編集委員 北川和徳

(1/2ページ)
2017/6/23 6:30
共有
保存
印刷
その他

 日本の陸上男子短距離が新しいステージに進もうとしている。昨年のリオデジャネイロ五輪は400メートルリレーで銀メダルの快挙。今季は桐生祥秀(21、東洋大)、山県亮太(25、セイコーホールディングス)に加え、リオの第2走者、飯塚翔太(25、ミズノ)と新鋭の多田修平(20、関西学院大)も100メートルで10秒0台に突入した。リオでアンカーを務めたケンブリッジ飛鳥(24、ナイキ)も調子を上げている。「100メートルの日本記録が10秒の壁を破る」歴史的瞬間が23日から始まる日本選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)で見ることができるかもしれない。

 リオの代表選考会だった昨年の日本選手権を振り返ってみる。男子100メートルは10秒0台を何度もマークしている桐生と山県の対決に注目が集まり、ケンブリッジがダークホース的な存在だった。会場は名古屋市のパロマ瑞穂スタジアム。9秒台への期待も高かったが、少し向かい風で雨が降り続く記録は望めないコンディションでスタートを迎えた。

 予想通り4コースの山県、6コースの桐生が好スタート。山県はいつも通りのスムーズな加速でリードを広げたが、桐生はうまく加速できなかった。右太もも裏に異常を感じたという。そこから5コースのケンブリッジが猛追。50メートルあたりで桐生を抜き去ると、山県もゴール手前でとらえて100分の1秒差で激戦を制した。

 コンディションに恵まれず優勝記録は10秒16にとどまったが、高いレベルで実力が伯仲したレースだった。この3人に200メートルを快勝した飯塚を加えたメンバーでリオの400メートルリレーの快挙を成し遂げた。山県とケンブリッジは個人の100メートルも準決勝まで進出した。

桐生が走る国内レースに緊張感

桐生は条件さえ整えばいつ9秒台が出てもおかしくない=共同

桐生は条件さえ整えばいつ9秒台が出てもおかしくない=共同

 リオ五輪後も日本の男子短距離陣の勢いは止まらない。特に今季、桐生が走る国内レースは緊張感に満ちている。条件さえ整えばいつ9秒台が出てもおかしくないからだ。3月のオーストラリアの競技会で10秒04。国内は4月に出雲(島根)10秒08、織田記念(広島)でまた10秒04。この国内2レースはどちらも向かい風だった。5月13日の中国・上海での競技会は会心のスタートを切ったはずが反応時間が速すぎたとして失格。

 5月26日の関東学生対校(横浜)は準決勝で終盤を流して10秒15と好感触。ところが、いよいよかと期待された決勝は10秒24に終わった。直前に追い風が向かい風に変わり、スタートがやり直しとなる不運も重なったが、「思い通りにスピードが上がらなかった」と桐生。スタートがわずかに遅れたため、好スタートを切った両隣のランナーを意識して微妙に走りが乱れたようにみえた。

 今月は欧州で2レースを走ったが、いずれも10秒1台。今季の桐生はスタートが改善して安定感が増したが、時々、競り合う相手を意識してうまく加速できないケースがある。記録更新には会心のスタートからリードを奪う展開に持ち込みたい。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

チームニッポン大変革 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

五輪はいつまで企業にとって魅力的なイベントであり続けられるか(記者会見するバッハ会長)=共同共同

 世界の都市の五輪離れに苦しむ国際オリンピック委員会(IOC)だが、スポンサー企業からの協賛金は相変わらずの右肩上がりで集まり続けている。TOP(THE OLYMPIC PARTNER)と呼ばれるワー …続き (10/11)

リーは多民族国家であるマレーシアで国民が一丸となって応援する英雄=ロイターロイター

 バドミントンのダイハツ・ヨネックス・ジャパン・オープンが9月24日まで東京体育館で開催された。8月下旬の世界選手権(英グラスゴー)では、女子シングルスを奥原希望(22、日本ユニシス)が初制覇し、日本 …続き (9/29)

女子テニスのシャラポワもドーピング違反により1年3カ月の資格停止処分を受けた=APAP

 わが国で初めてのドーピング防止法が次の臨時国会でようやく成立する見通しだ。欧米各国ではアスリートのドーピング違反を国の法律によって処罰する動きが広がっているが、日本では刑事罰の導入は見送られた。海外 …続き (9/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]