/

この記事は会員限定です

アジアに芽吹く「反中民主」連携 香港・台湾の若手議員に聞く

愛国のジレンマ(4)

[有料会員限定]

中国とのサービス貿易協定に抗議する学生が立法院を占拠した台湾の「ひまわり学生運動」や、民主化を求める市民が道路を占拠した香港の「雨傘運動」から約3年。中華圏でほぼ同時期に発生した民主化運動の参加者から政治の世界に足を踏み入れる事例も相次いでいる。香港と台湾の若者たちはなぜ今、連携を模索するのか。異色の経歴を持つ若手議員に聞いた。

朱凱迪(エディー・チュー)香港立法会議員

(39)=環境保護運動家出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2224文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン