/

この記事は会員限定です

それでも「北朝鮮は守る」 朝鮮戦争の元中国兵の思い

愛国のジレンマ(1)

[有料会員限定]

朝鮮戦争をともに戦い、「血で固めた友誼(ゆうぎ)」と呼ばれる中国と北朝鮮の関係。強い結束を誇ったはずの両国も近年はすきま風が吹き、中国の若者らの間には制裁強化などの強硬論も目立つようになった。1950年の開戦から67年。中国人民義勇軍として戦った元兵士や家族は何を思うのか。

「中国と北朝鮮は永遠に対立することはない。再び戦争が起きたら、必ず助けるべきだ」。くし職人だった曽双全(86)は志願兵とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません