/

この記事は会員限定です

仕事の段取り 目的は全員での「ファインゴール」

安藤哲也NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事

[有料会員限定]
日経ビジネスアソシエ

早くから長時間労働削減や生産性向上を目指す組織づくりを提言してきたNPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事の安藤哲也さんの元には、現在、全国の企業や自治体から「働き方改革」のノウハウを求める依頼が集中しているという。自身もまた、多忙な業務をこなすために「メールは3行以内、5行以上になる内容は電話、10行以上なら会いに行く」「毎日16時までには仕事を終わらせるつもりで計画を立て、実行する」など、短...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン