孫正義氏の有言実行 長期低迷米スプリント、再建の軌跡

(1/3ページ)
2017/7/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

赤字続きだったソフトバンクグループの米携帯電話子会社スプリントの業績が急回復してきた。通信網の改善で通信品質が高まり、回線契約数が伸びた結果だ。年2000億円規模の経費削減や営業攻勢も奏功した。数年前は通信品質が米携帯大手4社中最下位だったが、孫正義社長は「誇りにかけて反転して見せる」と誓い有言実行で結果を出した。スプリント復活の軌跡を追う。

米スプリントが2017年5月3日に発表した2016年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]