/

この記事は会員限定です

欧州Inside 電気自動車・風力発電のコスト、化石燃料と近く同等に

フランクフルト支局 深尾幸生

[有料会員限定]

欧州で産業界を大きく変える可能性を秘めた2つの「パリティ」が近づいている。パリティとは等価・均衡を意味し、1つは電気自動車(EV)と既存の自動車、もう1つは再生可能エネルギーと火力発電だ。パリティの実現を見越して欧州の主要プレーヤーの動きが活発になっている。

バッテリー「想像できなかったほどの進歩」

「バッテリー技術は専門家ですら2、3年前に想像できなかった水準に達し、EVの必要条件がそろった。E...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン