/

この記事は会員限定です

「どこでもAR」 プロジェクターの融合で制約から解放

[有料会員限定]

メガネ型端末の登場で、市場拡大が期待されるAR(拡張現実)。そこに、最近の技術進歩が著しいプロジェクターが加わり、応用先が広がりそうだ。今後、家電や業務用エンターテインメント(娯楽)機器、自動車、産業分野などに裾野を広げていく見込みである。

家庭の中心を狙う次世代の機器として期待される音声対話機能付きスピーカー端末。米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)の「Amazon Echo」が開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン