2018年11月19日(月)

改憲と消費税 安倍流「20年五輪完投」の方程式
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2017/6/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内閣支持率の急落から態勢立て直しに動く首相の安倍晋三。2020年の東京五輪・パラリンピックまで「完投」を目指すには、18年の複雑な連立方程式をどう解くかがカギだ。9月の自民党総裁選、12月に任期満了を迎える衆院の総選挙、さらに消費税率の10%への引き上げの判断、と3つの壁が待つ。憲法9条改正論は与党統制と野党分断の両にらみの一手だ。増税カードにも意外な使い方がありうる。

「9条加憲」のリアリズム

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報