/

この記事は会員限定です

「スマホの王者」アーム、インテルの牙城サーバーに挑む

アームvsインテル(上)

[有料会員限定]
日経コンピュータ

スマートフォン(スマホ)向けプロセッサーで95%超のシェアを誇る半導体設計大手の英アーム(ARM)が、エンタープライズ分野に再挑戦する。米インテルの盟友として「Wintel(ウィンテル)」の時代を築いた米マイクロソフトと米ヒューレット・パッカード・エンタープライズというソフトウエアとサーバーの世界最大手と組んで、インテルの牙城に攻め込む。サーバー市場でのシェアを現在のほぼゼロから4年後の2021年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3735文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン